プロジェクトの説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動操船で簡単ボートポジショニング GARMIN エンジンGPSアンカー TR-1 Gold

TR-1 Goldは補機(6-20馬力)でトローリングモーターのように船体をコントロールするシステムです

トローリングモーターによる自動操船でのポジショニングは

これまで長時間の使用、25FT以上の大型船での使用が不可能でしたが

動力に(6-20馬力)エンジンを使うことで、連続長時間使用が可能になりました。強い潮の流れ、河口の流れのなかでも

自動で船の向き ポジションをコントロールします。

 

 

機能詳細

釣果を上げるには釣りをする時間を増やすことが大切です

GarminのTR-1 Gold自動操縦で操船から開放されて釣りをもっとしてください。

このシステムは、20馬力まで小型ガソリン船外機の操船に、自動操舵と速度調節を提供します。

ハンズフリー操船

TR-1 は世界初 – そして唯一の –遠隔操作ステアリングと速度調節を小型ガソリン船外機に対して提供するように設計された本当の自動操縦装置です。

釣りだけに集中することができる解決方法です

TR-1 Goldは簡単にボートポジションを風、波または強い海流や河川の流れに対して保持することができます

25ftを超えるボートでも荒れた状況でさえボートの手放し運転を可能にします。

TR-1 Goldは有線リモコンとオプションの無線リモコンが使用できます。

 

GPSインターフェースとNMEA接続

■自動ターン

GPSとNMEA0183で接続できますのでGPSで指示したルートを自動操船したり、

指示したポイントで船位を保持したりできます。

釣りをするとき、あなたのボートの自動ターンと船位保持操作を自動化するTR-1 Goldの能力は釣り人を有利にします。

いつも友人を釣りに連れて行くと自分ばかりが操船していて釣りができなかった。

釣りの時の船位保持から開放されることは大きなメリットです。

■トローリング革命
GPSでルートを指定してその通りに走らせる事ができます。

地図上の等深線をトレースすることも可能です。

Goldは、選ばれた中間地点またはルートにナビゲーションの容易さのために、0183互換のGPSシステムとどんなGarmin GPSまたはNMEAでも結びつけることができます。
GPS結びつかれたパターンと非GPSパターンを実行する能力は、同様に更なる安全を提供します。

 

■システム内容物

tr1

  • Hydraulic unit
  • ECU
  • Battery cable
  • BioSoy fluid
  • Steering hose and steering cylinder
  • Deckmount/Tach
  • Handheld controller
  • Compass ball
  • Mounting hardware pack

 

 

補機エンジン ブラケットはこのシステムに含まれていません。

 

TR-1 Goldシステムを稼働させるには、下記の使用する船外機に合わせた部品を2つ選ぶ必要が有ります。

 

 

 

 

部品1:シリンダーブラケット(油圧シリンダーを船外機に設置するブラケット)

60681XL_large

DSC_0115tr1

 下記からシリンダーブラケットをお選びください

CYLINDER BRACKET
   
120-1030-00 YAMAHA T-9.9 1993-2004,
120-1040-00 YAMAHA 6/8(2001-2007),
120-1040-00 YAMAHA 6-A/8-D(2008-2009)
120-1040-10 YAMAHA T-9.9(2008-2009) 
120-1080-00 YAMAHA F-9.9(2003-2007)
120-1080-00 YAMAHA F-15(1998-2006)
120-1080-00 YAMAHA T-9.9(2005-2007)
120-1086-00 YAMAHA F-15C(2007-2009)
120-1086-00 YAMAHA F- 20(2007-2009)
120-1010-01 MERCURY 9.9(1999-2004)
120-1010-01 MERCURY 15(1999-2009)
120-1120-00 MERCURY 8/9.9(2005-2009)
120-1120-02 MERCURY 8/9.9BIG FOOT/PROKICKER(2005-2009)
120-0071-00 MERCURY 15/20 PRO-KICKER(2009-2010)
120-1070-00 HONDA 8/9.9(2001-2009)
120-1070-00 HONDA 15/20(2003-2009)
120-1090-00 SUZUKI 9.9/15(1997-2009)
120-1090-00 EVINRUDE/JOHNSON 9.9/15(2003-2007)

 

部品2:スロットルアクチュエーター

スロットルを制御コントロールする部品です

60694XL__11745.1462911945.1280.1280 

THROTTLE ACTUATOR
   
   
120-0056-01 YAMAHA F-9.9/15-TILLER(1998-2006)
120-0056-01 YAMAHA T-9.9-TILLER(2005-2007)
120-0056-02 YAMAHA F-9.9/F-15-REMOTE(1998-2006)
120-0056-02 YAMAHA T-9.9-REMOTE(2005-2007)
120-0058-01 YAMAHA T-9.9-TILLER(1993-2004)
120-0058-02 YAMAHA T-9.9-REMOTE(1993-2004)
120-0057-01 YAMAHA 6/8(2001-2007)
120-0057-01 YAMAHA 6-A/8-D(2008-2009)
120-0057-10 YAMAHA T-9.9(2008-2009)
120-0056-10 YAMAHA F-15C/20(2007-2009)
120-0059-01 MERCURY 8/9.9 BIGFOOT/PRO-KICKER(2005-2009)
120-0056-01 MERCURY 9.9-TILLER(1999-2004)
120-0056-01 MERCURY 15-TILLER(1999-2009)
120-0056-02 MERCURY 9.9-REMOTE(1999-2004)
120-0056-02 MERCURY 15-REMOTE(1999-2009)
120-0055-01 HONDA 8/9.9(2001-2009)
120-0055-01 HONDA 15/20(2003-2009)
120-1090-01 SUZUKI 9.9/15(1997-2004)
120-1090-05 SUZUKI 9.9/15(2005-2009)
120-1090-01 JOHONSON, EVINRUDE 9.9/15(2003-2007)

■スペック

インターフェース:NMEA 0183入力 RS422

動作電圧:11.5~14.0VDC

■ポンプ制御ユニット:
高さ:16.51cm

幅:17.78cm

奥行:12.70cm

重量:2.72kg

■コンパスセンサーボール

直径:9.14cm

重量:0.45kg

ケーブル:18フィート

■リモコン

高さ:12.70cm

幅:6.35cm

厚み:2.54cm

重量:0.45kg

ケーブル:18フィート

■デッキマウント ON/OFFスイッチ
直径:1.59cm

長さ:5.08cm

 

TR-1 Goldを実際に設置する。

■事前準備

1.補機の設置ベースをトランサムに設置します

2.電源12Vを供給できるようにしておきます

3.20馬力までの船外機を設置します。燃料タンクの設置もしてください

4.船外機にシリンダーブラケット設置(油圧シリンダーを船外機に設置するブラケット)

5.GPSのNMEA0183 出力からケーブルをコンパスセンサーボールの位置まで引いてください

■設置

ポンプ制御ユニットを設置

付属のテンプレートを使って位置をたしかめてください

TR-1には防水性も有りますが水がかからない場所に設置してください

1234のポートにケーブルが入るので十分な隙間を作ってください

2016-05-28 16.43.33

コンパスボールを設置

9軸加速度方位ジャイロセンサーを設置します。磁気の影響があってはいけないので設置場所はアプリ ガウスメーターでチェックして磁気がない場所を選んでください。

2016-05-28 17.27.21

 

2016-05-28 17.27.32

このコンパスボールからNMEA0183接続ケーブルが出ています。

以下のように結線してください

GPS NME0183 出力+(GARMINの場合は紺色の線)⇔TR-1 NMEA0183入力+ 赤色の線

GPS NME0183 グランド(GARMINの場合は黒色の線)⇔TR-1 NMEA0183入力- 白色の線

デッキマウント ON/OFFスイッチ設置

10mmのドリルで穴あけして設置します

2016-05-28 17.27.41

 

信号線接続

1: デッキマウント ON/OFFスイッチ
2:スロットル
3:リモコン
4:センサーボール

赤線12V+

黒線12V-

 

オイルチューブを接続 注油

オイルチューブは左側の奥側に差し込んでください

ホースバンドを締めてください

ホース端は船外機側から通してください

オイルサーバーの内側の線まで注油します。

ポンプを電源に接続

ポンプ制御ユニットにリモコン接続

リモコン左旋回←をおしてオイルを循環させます。

ホース端はオイルサーバーに入れてオイルを循環させます。

 

2016-05-28 18.03.01

ホース先端にオイルが達したらポンプ制御ユニットの左側手前にホースを接続します。

リモコンを操作してオイルを循環させてオイル内の空気を抜きます

2016-05-28 18.04.32

油圧ホース切断準備

ホースを伸ばしてその中間点で折り曲げます。

折り曲げてタイラップで固定します

ポンプ制御ユニットの左側手前に接続されている側に目印を付けます2016-05-28 18.04.58

シリンダーに注油

透明ホースのタイラップを切って折り曲げたところでホースを切断します

2本になった透明ホースをシリンダーに接続して2本のホースはオイルのボトル指します

シリンダーを動かしてシリンダー内にオイルを充填させます。

シリンダーを縮めた状態で透明ホースを抜きます

 

耐圧ホースを中間点で切断

目印のついた方をシリンダーの可動しない側に接続します

目印のない側をシリンダー可動側に接続します

2016-05-28 18.34.32

シリンダーを船外機に設置

シリンダー可動側をトランサム側にして固定します

DSC_0115tr1

スロットル設置

スロットルコントロールは船外機によって異なりますので付属の説明書を見てください

 無事取付完了です

 

 

 

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加