走行/ソーラー充電器 アイソレーター 12V 50A MPPTチャー ジャー

商品コード : RBC50D1S
旧参考小売価格 : 30,000
価格 : 30,000円( 税込33,000円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このショップはGARMIN MARINEディーラー専用です。一般の方は購入できません。GARMIN MARINE製品をお求めの場合は左の マリン製品代理店リスト の店舗よりご購入ください


G-FISHING GARMIN MARINE製品 サポート 商品に関するよくある質問や販売代理店の実績、
商品の組み合わせによるシステム紹介を配信しています。

G-FISHINGサポート内の検索

GARMIN 正規ディーラー顧客限定 認証アイテム プレゼントキャンペーン


正規ディーラー顧客限定の特典〜GARMIN公式アイテムプレゼント〜

【ご確認ください】他社取扱GARMIN製品はG-Fishing販売《Connected GARMIN 》ではありません。


お客様の機器が正規輸入品GARMIN MARINE機器でConnected GARMINとしてサービスを受けられるかどうかは以下リンクより確認できます。

正規輸入品GARMIN MARINE機器 Connected GARMIN判定


 


◆商品説明◆
RENOGYの走行充電器12V 30A|50Aは、MPPTチャージコントローラーを内蔵した、自動車のサブバッテリーシステム用DC-DC走行充電器(アイソレータ)です。

★【走行充電とソーラー発電の2WAY仕様】
通常の走行充電器とは異なりMPPTチャージコントローラーが内蔵されているため、走行充電だけでなく、ソーラー発電による充電も可能となります。走行充電とソーラー発電は状況に応じてどちらか一方ずつ、または同時に利用されるため、効率良くサブバッテリーを満充電の状態にします。走行充電によりメインバッテリーを優先的に充電する際、ソーラー発電ではサブバッテリーを優先的に充電します。この充電方式によって、バッテリーはいつでも満充電状態を維持し、オフグリッドの状態でも長持ちできます。

★【最大充電電流・出力電圧】
30A|50A二つの規格がありますので、ご利用環境に応じてお選びください。30Aの場合、最大充電電流は30Aとなります。発電機またはソーラーパネルより同時充電の場合、各15Aまで制限され、最大の合計充電電流は30Aのままでです。50Aの場合、最大充電電流は50Aとなります。発電機またはソーラーパネルより同時充電の場合、各25Aまで制限され、最大の合計充電電流は50Aのままでです。スマートな発電機とは発電機の種類ではなく、電圧調整機能がついている発電機でのことです。

★【主なご利用場面】
キャンピングカーのように、車内で複数の電化製品をご利用になられる方におすすめです。同時に複数の家電を利用するとなると電力不足に陥るリスクが高まりますが、走行充電とソーラー発電の2WAY仕様により、そのリスクを大幅に抑えることができます。

★【リン酸鉄リチウムイオンバッテリー】
弊社では、走行充電器との相性が良いリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを別途販売しています。こちらも合わせて購入をご検討ください。


◆主な特徴◆
2つのDC入力(ソーラーパネルと発電機)からサブバッテリーを充電することができます。
最大電力点追跡制御機能(MPPT)を内蔵、太陽光発電効率を最大化することができます。
3段階の充電アルゴリズム(バルク、ブースト、フロート)があり、正しい電圧でサブバッテリーを満充電させることができます。
昇圧機能付き
電圧に敏感なリレー(VSR)を内蔵し、従来の発電機にも簡単に接続できます。
従来の発電機およびスマートな発電機に適用します(出力電圧を自動で調整)。
サブバッテリーが満充電されると、ソーラーパネルを介して、トリクル充電でメインバッテリーを充電し始めます。
メインバッテリーとサブバッテリーを隔離できます。
温度及び電圧補償機能により、バッテリー寿命を延長させ、システムのパフォーマンスを向上させます。
スマートな保護機能:バッテリー隔離、過電圧保護、バッテリー温度保護、過電流保護、過熱保護、逆電流保護、ソーラーパネル及び発電機の逆極性保護
多様なバッテリータイプに適用:密閉型、AGM、ゲル、補水式、リン酸鉄リチウムイオンバッテリー。 コンパクト且つ丈夫な作り

※注意点
バッテリー電圧センサー(BVSケーブル)をご利用の場合は、サブバッテリーと接続してください。
スマートな発電機の場合、IGN信号線を接続する必要があります。接続方法につきましては、「走行充電器に関するIGN/D+ケーブルの接続方法」を参考にしてください。
ご利用の自動車が従来の発電機、またはスマートな発電機であるかどうかの確認につきましては、自動車メーカーにお問い合わせください。
バッテリータイプのUSERモードのパラメーターは、別売りのBT-2 BLUETOOTH モジュールを介し、DC HOMEアプリ内での み変更可能です。本体から直接パラメーターの変更をすることはできませんので、ご注意ください。
推奨ヒューズサイズ:DCC走行充電器30Aの場合、車両入力ヒューズ定格電流は45A以上、充電器出力ヒューズ定格電流は40A以上となります。DCC走行充電器50Aの場合、車両入力ヒューズ定格電流は75A以上、充電器出力ヒューズ定格電流は65A以上となります。推奨の規格数値以上のヒューズをお選びください。
※例:65A・75A以上には、弊社の100Aのヒューズをご利用いただけます。

❤保証期間:1年間
 

このページをSNSで共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

走行/ソーラー充電器 アイソレーター 12V 50A MPPTチャー ジャーを愛用されている方、評価レビューを書いてみませんか?

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ