このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME>設定>船舶設定>オートパイロットの設定
で表示されます。


■アクセル制限装置

自動操縦制御ターンの速度を制限することができます。
ターンの速度を制限する場合はパーセンテージを増やし、パーセンテージを減少させると高い
ターンの速度になります

■リンク機構補償
ステアリングを締めたり緩めたりします。リンケージ補正値を高く設定するほど、オートパイロットはルースステアリング(舵の効きすぎ)をより多く補います。

 

■低速
低速時にラダーゲインを設定できます。
この設定は、平面速度以下で動作する場合に適用されます。
この値を高すぎる値に設定すると、自動操縦装置が過活動状態になり、常に調整を試みる可能性があります
わずかな偏差でヘディングを感知してしまい、過活動状態のオートパイロットは過度の摩耗でドライブユニット破損を引き起こす可能性があります。

■低速カウンター

低速用のラダーゲイン補正を設定することができます。
この設定は、平面速度以下で動作する場合に適用されます。
この値を高すぎる値に設定すると、自動操縦装置が過活動状態になり、常に調整を試みる可能性があります

■ハイスピード
高速用のラダーゲインを設定できます。

この設定は、平面速度より上で動作している場合に適用されます。
この値を高すぎる値に設定すると、自動操縦装置が過活動状態になり、常に調整を試みる可能性があります
わずかな偏差でヘディングを感知してしまい、過活動状態のオートパイロットは過度の摩耗でドライブユニット破損を引き起こす可能性があります。

■高速カウンター
高速用のラダーゲインを設定することができます。
この設定は、平面速度より上で動作している場合に適用されます。
この値を高すぎる値に設定すると、自動操縦装置が過活動状態になり、常に調整を試みる可能性があります
わずかな偏差でヘディングを感知してしまい、過活動状態のオートパイロットは過度の摩耗でドライブユニット破損を引き起こす可能性があります。

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加