このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 
 
 
左:echoMAP ULTRA122sv
右:echoMAP ULTRA102sv
 
※10インチ、12インチ共に4画面表示可能になります
カードスロットは2個搭載
 
 
 
 
 
 
10インチ、12インチでサイズは違うけど共通の背面になり、モニターサイズも大型化した事からクイックリリースの機構も少し変わります。赤丸部分のレバーを倒す事によりガッチリと固定されます。
 
ライトライブスコープ(LVS12)とライブスコープ(LVS10)は併用使用が可能です。
 
Wi-FiでIPhoneやIPad等でのミラーリングは不可能です。
 
〜ネットワーク共有について(2019/4/5現在)〜
 
 
 
 
 
エコマップウルトラ⇔エコマップウルトラの場合
 
ウェイポイント共有可能
*QUICK DRAW CONTOURS地図共有(等深線図)可能
*ライブスコープ共有可能
*ライトライブスコープ共有可能
*GT54UHD-TM共有可能
ライブスコープでピンチズームが可能
*NMEA0183のイーサネット共有はできません
 
エコマップウルトラ⇔エコマッププラスの場合 これは新しいバージョンが出ると解消される可能性があります
 
ウェイポイント共有可能
*地図共有(等深線図)不可能
*ライブスコープ共有可能
*ライトライブスコープ共有不可能
*GT54UHD-TM共有不可能

 

 

 

GPSMAP84シリーズにのみ可能な事(※echoMAP ULTRAと比較して)

・Wi-FiでiPhoneやiPadにミラーリング可能

・レーダーが使用可能

・HDMIの入出力ポート内蔵

・USBポート内蔵

・12ピン、8ピン振動子のデュアル回路搭載(1kw振動子まで対応、echoMAP ULTRAは500wまで)

 

echoMAP PLUS75&95svからechoMAP ULTRAでできる様になったこと

・地図(等深線図)の共有が可能

・ライトライブスコープの使用が可能

・クイックリリースマウントがより強固に固定される

・GT54UHD-TMの使用が可能(GT52HW-TMなどその他の振動子は未確認!)

・ネットワークポートがechoMAP PLUS75&95svが1ポートだったのに対してechoMAP ULTRAは2ポート

・NMEA0183のネットワーク共有可能かどうかは要確認!

※現行echoMAP PLUSのバージョンが7.50、新型echoMAP ULTRAが8.20なので各種機能は今後のバージョンアップでの対応する可能性有り

 

以下の機能テスト完了!(2019/4/5現在)

echoMAP PLUS⇔echoMAP ULTRAのネットワーク共有について

ウェイポイント共有可能

*地図共有(等深線図)不可能

*ライブスコープ共有可能

*ライトライブスコープ共有不可能

*GT54UHD-TM共有不可能

 

echoMAP ULTRA⇔echoMAP ULTRAのネットワーク共有について

ウェイポイント共有可能

*地図共有(等深線図)可能

*ライブスコープ共有可能

*ライトライブスコープ共有可能

*GT54UHD-TM共有可能

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加