このエントリーをはてなブックマークに追加

GPSMAP585PLUSとGT10HN-IF振動子を使った、ドーム船での使用例です。

●ニックネーム
Sanaka   King

●取付ボートモデル
なし(ドーム船、屋形船)

●購入した機種、振動子
GPSMAP 585 Plus
GPSMAP585PLUS用 保護カバー
GT10HN-IF振動子 ポータブルアイスフィッシングキット

●普段ターゲットの魚、釣りのスタイル
ワカサギ

●このシステムを選んだ理由
他の魚探との干渉(ノイズ)を出来る限りなくす為
好きなレンジの拡大幅が自在な所
振動子のビーム角については7~16度と周波数で変更出来る所

●設置に苦労したこと
スペースの少ないドーム船や屋形船の魚探本体の設置
一部自作致しました

===========================

こちらを使ったところ、ドーム船内の他の利用者から注目の的だったようです。
その理由はノイズ干渉の少なさ。ドーム船利用者の他社製品と比較すると分かりますね。

 

使われているGT10HN-IF振動子はハイナノーチャープ方式が採用されています。
ハイ(=高い)ナノー(=狭い)の名の通り、高い周波数(130-300khz)を狭いビーム角(7-16°)の発信で、他の利用者との距離が近いドーム船などで快適にご利用することが出来ます。

また、周波数を細かく指定できるのもお気に入りの機能のようで、ビーム角を調整で切り替えているようです。

 

Sanaka   King様、画像とコメントを頂きありがとうございました。
購入後にもお話しした中で、 「この製品を選んで良かった!」というお言葉を頂いたとき、私も「薦めて良かった!」と思いました。
Sanaka   King様の周辺では既にガーミン魚探に興味を持たれている方もいるそうなので、是非ガーミンを薦めてくださいね(笑)

 

今回Sanaka   King様が選んだ仕様はこちら

【GPSMAP 585 Plus 振動子なし】

【GT10HN-IF振動子 ポータブルアイスフィッシングキット 】

 

販売店:ネオネットマリン

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加