このエントリーをはてなブックマークに追加

GARMIN が送り出す超高精細スキャンソナーシステム GCV20+GT34UHD-TM実際に稼働させてみました

その前に現在のサイドビューの能力をおさらいします

海で使用される 長距離 深海用サイドビュー 260khz

探査幅10mで見ると左側にコンクリートの構造物があって周りに石が入っていることがわかります

何があるかを知る事はできます

 

海でも湖でも使用される 中距離 サイドビュー 455khz

探査幅10mで見ると左側にコンクリートの構造物があって周りに石が入っていることがわかります

より高周波なので細かいベイトや岩の輪郭も見えてきました

何があるかを知る事はできるうえにベイトも映りだします

最新 近距離 サイドビュー 1120khz

探査幅10mで見ると左側にコンクリートの構造物があって周りに石が入っていることがわかります

1個1個の岩もわかります

より高周波なので細かいベイトや岩の輪郭も見えてきました

そしてウイードもはっきり出ます

何があるかを知る事はできるうえにベイト ウイードも映ります

加えてクリアビューをテスト

超高精細スキャンソナーシステム GCV20+GT34UHD-TMではメーカー発表で60mまでが測深可能と言っていますが

海のうねりが1.5mある状態で80m近くまで写っています。このときは800khzを使用しています。

 

GT51M 260khzは200mの中深海も可能なハイパワー

ボトム付近の魚が写っています

200mフラットにある5−6mの駆け上がりや岩などの凹凸も探知できます

LO CHIRPで確認すると凹凸はわかりませんが代わりに

確実に魚の反応

ここではたらとそいが釣れました

200m以内なら凹凸はクリアビューで見つけてLO CHIRPで魚を確認という使い方がベストですね

 

超高精細スキャンソナーシステム GCV20+GT34UHD-TM

6月初旬出荷予定です。
ご注文は以下のConnected GARMIN日本正規代理店より
http://www.g-fishing.com/blog/dealers/

超高精細スキャンソナーシステム GCV20+GT34UHD-TM

http://www.g-fishing.com/shopdetail/000000000002/

 

 

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加