このエントリーをはてなブックマークに追加

魚を探す そして獲る

特に大魚を 獲るには 運も実力も必要です

PS21-TM と各種テストで思わぬ大物を捕獲

 

さすが持ってる男

友人 Le Midi 田上シェフ 

88cm 7.6kgの大鯛を仕留めました

 

PS21-TM

この振動子は前方90Mの魚群を捉えることができます

この振動子をトランサム設置することで 常に船首方向に魚群がいるかどうかをモニターできます

2017/09/14

この日の状況は

潮が早く150gのタイラバで100mの水深を狙うと底を取るまでに200mも流されてしまう状況でした。

そして魚探には100−70mの水深にイカの反応らしき弱い反応と タイらしき反応が無数に出ていました。

この時も 船首方向に魚群をPS21-TMで確認 魚群に潮下流から近づき 魚群を真下に捉えて さらに魚群より潮の上流45Mからタイラバ200g グローカラーを投入 ダイワ シーボーグ300でスピード16で巻いたところにヒットしました。

タイは15年で70cmになりその後年2cmづつ大きくなるといいます

この計算でいうと88cmになるまでに24年かかって大きくなったと言える大物です

本当におめでとう

この日は結局

鯛は19枚となかなか良い釣行でした。

 

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加