このエントリーをはてなブックマークに追加

新艇のRanger Z119に前後ネットワークにてGARMIN GPSMAP システムを構築しました。

前後共に近年のトレンドである大画面マルチタッチモデルのGPSMAP7412 xsvをチョイス。ネットワークによる拡張性に優れたこのモデルはデータ共有はもちろん、前後に設置したすべての振動子を1台で見ることが可能となります。

コンソロール側はJ SPEC製のワンオフコンソールパネルに変更しハンドルに隠れない位置に取り付けました。
本体設定と同時に無料地図に未表示の常陸利根川、鰐川、北利根川を当店オリジナル地図として追加致しました。

 

フロントは視認性・操作性向上のためストライドマウントでの本体設置をご提案致しました。ケーブル数も多いことから、差し込み位置順でのケーブル纏めで差し込みのしやすさに配慮してます。

エレキ側振動子はオールインワンにも関わらず非常にコンパクトで、CHIRP発信によるサイドビュー探査が可能な GT52HW-TMをセレクト。トランスデューサープロテクターでガードし、専用のエレクトリックモーター用ブラケットでスマートに取り付けました。

トランサム側はGT52HW-TMにインハル振動子のP72を追加。プレーニング状態でも水深を確認できる組合わせとし、外部アンテナG-fishing QZS-50Sを後方トランスデューサー直近に設置することで、コンソールでのマーキング精度を向上させるセッティングとしてます。併せて静止状態での船首方向を確認することができるへディングセンサー、ステディーキャストを設置。1秒間に10回データ更新可能な高速ヘディングセンサーということで、地図上での正確な船首位置表示を手に入れることができました。

魚探  コンソール/バウ  GPSMAP7412xsv (ガーミンネットワークで接続)
振動子 トランサム側 GT52HW−TM+インハル P72、バウ側 GT52HW−TM
へディングセンサー HD−9AX
外部GPSアンテナ QZS−50S

このほどは当店でのご購入・施工依頼、ありがとうございました。

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加