このエントリーをはてなブックマークに追加

以前投稿させていただきました、

施工 釣りネコ.com echoMAP CHIRP 75svをトーハツ TFW17へ取付!

こちらのお客様の魚群探知機に、スズキDF60A 船外機情報を表示させて見ようと思います。

 

概略

船外機には、船外機情報・・・回転数・ガソリン流量・チルト角などの情報を取り出す為のアダプターがあります。
この情報を排出するカプラーに、NMEA2000 と言う国際規格に応じたケーブル類を取り付けることによって、GARMIN魚群探知機に船外機情報を表示させることが出来るようになります。
注意点としては、船外機の年式・モデル・メーカーなどにより、表示できる内容に違いがあることと、船外機情報の表示ができる場合と出来ない場合があります。
また、船外機によって必要なケーブル類も異なってきますのでお気をつけください。

 

 

機材


魚群探知機本体:echoMAP75sv


画像左上 :スズキ純正品 SIMSアダプター
画像右上 :スズキ純正品 エンジンインターフェイスユニットver2.9
画像中  :NMEA2000 Tコネクター×2 ターミネーター(オスメス1個づつ)
画像中右 :NMEA2000 電源ケーブル
画像下  :バックボーン/ドロップケーブル

 

注意点

DF60A本体が2016年度以降の製造品の場合、下記に注意してください。
1.船外機本体を最新のソフトウェアにアップデートする必要があります。
2.エンジンインターフェイスユニットは、ver2.9でのみ対応可能となります。
3.SIMSアダプターには、接続方向があります。

 

配線接続


暗くて解り辛いですが、SIMSアダプターと船外機を写真のように接続します。
この際の注意点として、SIMSアダプターには接続方向があります
船外機側・・・エンジンインターフェイス側・・・っと、名打って増すので、お気をつけください。

配線取付の補足ですが、
SIMSアダプター ⇔ エンジンインターフェイスユニット ⇔ Tコネクター
上記となるように接続してください。

 

 

echoMAP CHIRP 75sv 設定方法

1.HOME画面から 【エンジン】 を選択します。

2.構成画面を設定します。
メニュー押下 → 計器設定 → 計器の自動設定
※この設定をおこなうことで、抽出できる船外機情報のみ自動で項目表示してくれます。
※必要な情報のみ、手動で作成することも可能です。


DF60Aとの接続では、
・船外機回転数
・チルト角
・電圧
・油温計
・ギア
・チェックランプ
・ガソリン流量計
上記の表示が可能となります。
DF60Aですと、更にガソリンの消費流量が表示されますので、燃料タンクの設定をおこなう事により、ガソリンタンクの残量表示が可能となります。

3.燃料タンクの設定
1)HOME画面から 【エンジン】→【メニュー】 を選択します。

2)【総燃料オンボードの設定】を選択します。

3)ガソリンタンクの容量を入力します

4)ガソリンを満タンに設定したい場合は、【全タンクを満たす】 を押下

 

この様に、船外機情報をボートに表示させることで、見落としがちなエンジンチェックランプや、ガソリン残量の視認性が高まります。
ガソリン流量は、副表示設定にて1時間あたりの消費CCを表示できますので、エコ走行に徹することも可能です!

 

施工  :釣りネコ.com (広島県、第6管区)

       info@tsurineco.com

       0120-929-350

       お気軽にお問合せください!

魚探本体:echoMAP CHIRP 75sv: (109,000円+消費税)
振動子 :GT52HW-TM:(40,000円+消費税)
      ※トランサムモデルをスルーハル加工取付
船外機 :スズキ DF60A (2017年モデル)
船体  :トーハツ TFW-17

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加