このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ヤンマー FW27へ
10インチ魚群探知機:GPSMAP1022xsv
インナーハル振動子:GT15M-IH
バードレーダー  :GMR18xHD
ヘディングセンサー:ステディーキャスト
を取付致しました!

元々はローランスをHDS12gen2をご利用いただいていたとの事なのですが、クイックドロー(自動等深線作図機能)タチウオが映る等、GARMIN製魚群探知機に興味を抱かれていたとの事からお話しをお伺いすることとなりました。

要望としては・・・
1.夜間航行時に安心して運転したい!
2.タチウオが写る魚群探知機がほしい!
3.15ノット以上でも底を拾ってほしい!
などなど。

どれをとってもクリアできそうでしたので、下記構成をご提案し、取り付けることとなりました!

 

魚群探知機本体

GPSMAP1022xsv(10インチ)
以前ご利用なさっていたローランス製魚群探知機は9インチで合った為、ランクアップして10インチを取り付けることとなりました!

 

振動子

GT52HW-TM CHIRP振動子(トランサム取付)
お客様のご要望により、船底への穴あけ加工は見合わせたいとの事と、サイドビューを楽しみたいとの事から、GT52HW-TM をトランサム取付することと致しました!

併せて、少しでも泡がみを解消する為、振動子スプレーガードも取付致します!

 

レーダー

以前は、KODEN製のレーダーを取り付けられていたとの事ですが、ランクアップして
GMR18xHD Radome
を取り付けることとなりました!

 

その他

ヘディングセンサー:ステディーキャスト
その他備品(NMEA2000スターターキット)

 

作業1:振動子取付

写真・・・撮り忘れてしまいました・・・スミマセン・・・
取付は、船外機の右側へ取付しております。
振動子スプレーガードを取付、スプレーの飛散防止対策しております!

 

作業2:本体&ヘディングセンサー取付

配線を整え・・・

ヘディングセンサー取付!

この大きさで9軸。。。
スマートでかっこいいですね!

 

作業3:配線&レーダー取付

う~ん・・・うっかりしてました。写真撮ったつもりが、全然撮れておらず・・・

こちらは、元々付いていたKODEN製レーダーの端子。
ブチッっと切って配線をサクッと取り外したいところですが、レーダーは再利用された意図のことでしたので、魚探や振動子も含めて丁寧に取り外させていただきました。
この端子を一本ずつ取り外し、狭い配線を通していきます。


配線用の紐など通っていなかくて大変でした・・・
大変でもしっかりと妥協せずに取り付けておりますのでご安心ください!

 

作業4:取付完了!

運転席の右側モニターがGPSMAP1022xsvとなります!

こちらはレーダー!

2年乗っているとはとても思えないほど綺麗な艇でした!
これだけ綺麗ですと、GARMINレーダーが映えますね~!!

元々ローランスをお使いになられた居たこともあり、操作方法についても直感的に操作できていらっしゃる様でした!
魚群探知機は毎回使うものですので、直感的に操作できることは大事ですね!
とは言え、解らないことがあればご連絡くださいね!

そして、今回はノイズ問題に悩まされましたが、最終的には問題クリアし、最大限の能力を発揮できるようにしっかりと取付いたしました!

 

 

施工  :釣りネコ.com(広島県、第6管区)

       info@tsurineco.com

       0120-929-350

       お気軽にお問合せください!

魚探本体:GPSMAP1022xsv: (299,000円+消費税)
振動子 :GT52HW-TM:(40,000円+消費税)
レーダー:GMR18xHD:(300,000円+消費税)

その他 :ステディーキャスト:(30,000円+消費税)
      スターターキット: (15,000円+消費税)
       6mケーブル: (8,000円+消費税)

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加