このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もいない浜辺!まさにこの9月1日からはカヤックフィッシングの季節の到来です。 手前がバイキングカヤック・プロフィッシュ45(キュベレイ号)がホエール艇。奥のハリケーンカヤックス・スキマー140がチャン松君艇です。 今日はチャン松君が新兵器を導入するのです。

ガーミン・エコーマップ!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ダウンビュー、クイックドロー搭載の凄まじいハイテク機器です。

バッテリーはBMO製。
艇内部に設置して、レイルブレイザのDCスターポートで引き込んでいます。 これについては、kayak55のユーストでチャン松君が詳しく解説していますので、もしよかったらアーカイブをご覧ください。 なぜなら・・・私ホエールは完全にアナログ人間で、まったくチンプンカンプンなのです(笑)

ホエールはホンデックス500Cがせいいっぱいなのです(汗) 見た感じ、なんとか行けそうな海況なので、とりあえず浮いてみます!チャン松君、ガーミンスイッチON! すげースマホのアプリのような細かい画面だ。思えば、カヤックフィッシングを始めた頃にホエール&タツノリ君が最初に導入した魚探はゲームボーイのような白黒画面でした。来てるね、未来! GO!ホエールは今日はシイラ狙いです。夏はおかげさまで忙しくシイラ狙いで浮けなかったので、ここにきてスイッチ入っちゃってるんです。で、保険でメタルジグを積んできました。この日は台風通過後だったので、浮遊ゴミなどが浮いているのではないかと期待して来ました。が……やはり風が強く、水面がラフでシイラが見つけらない!潮目も出ない!肝心の浮遊ゴミもぜんぜん無い! もちろんシイラはどこかにいるんでしょうが、ほとんど当てずっぽうではさすがに厳しい。ところどころでトップをキャストしてサーチしますが、こりゃダメな予感です。 しょうがないので、魚探の反応が出たらジグを落としたいのですが、肝心のベイト反応もなかなか出ない。 出艇してしばらく右往左往して、はじめてのベイトのまとまった反応! ここですかさずジグを落としてシャクりあげてくると・・・なんと!イナワラクラスが数匹チェイス!しかしカヤックの近くまで追ってくるも食わない! さすが透明度の高い館山の海。食わなかったけど、なかなか迫力あるシーンでした。幸先良いスタートに青物はいけそうな予感! しかし・・・KB沖の水深50mまでそうとう漕いでサーチしたものの、その後は、まとまった反応が出ず! 時折トップを投げるもシイラのチェイスもバイトも無し! 釣れない! 深場にいくほどにベイトの反応が出ない。漕ぎ戻ってHD沖の水深20m以下の浅場をサーチ。 んん? 魚探に久々の反応だー! すさかず落とす! ボトムで食ったー! あ・・・この引きは・・・ このブルブルくる引きは・・・・ サバかソーダガツオのどっちかだ〜 でも、今日初のクリーンヒット。逃さない!サバやソーダは口切れしてバラすことが多いので、ベイトリールのスタードラグを緩めてファイト。 あがってきたのは〜 ソーダちゃんでした。 ファイト中のソーダにペンペンシイラが追ってきてました。シイラも今日はソーダと同じレンジまで落ちてしまっているのかもしれません。 ホエールはカヤックを始める前は、夏は西湘サーフからのショアジギングをよくやっていましたが、その頃、ソーダでも釣れるとめっちゃ嬉しかったもんです。 カヤックフィッシングでソーダは外道とされがちですが、あの頃の気持ちを思い出しました。ソーダでも嬉しい。やっぱりゼロより、一匹! そして、直後に! 一気に風が強まり、水面ザバザバに(涙) 今日はプロフィッシュとスキマー140という14ft級2艇なので十分漕げる範囲の風ではありますが、これでは釣りが成立しないし、シイラもますます見つけられない。 早々と撤収することにしました!

情報源: 久々の館山……惨敗!|TEAM N.W カヤックフィッシング

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加