このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝も風が強く釣りには出られないようなので昨夜から取り付けていたヘディングセンサーの固定・反応を見てみた。配線は3本ハンダで止めて熱収縮ゴムにて絶縁。滅多にやらないしかも学もないけど何とか完了の様子。

これがヘディングセンサーです。防水して下さいとの事なのでダイソーにて。小さいのに大丈夫なのか?と心配になりながらも値段が純正の1/3くらいとなんとか搾り出してみました。

あと一息で完成。マジックテープにてヘディングセンサーを受信しつつiphoneのコンパスで北を見つつできちんと画面の船が北を向いている事・ヘディングセンサー本体の矢印が北を向いていることを確認して固定。

これで一応の完成とし釣行時に動作確認と行きたいですがこの風はいつになったら収まるのやら・・・TOPのROB-30Iの写真は去年の写真でホンデックスのPS-501CNを装着しての物です。水深100Mを超えると測定出来なくてエラーになりました。割と近くの場所に100M近い場所にいける所もあるので思い切って友人に譲り今年買い換えました。同じ場所を今年1回だけ出られた時に魚探で見ましたが見易さと言うか細かさは42DVの方が良かったと思います。代理店処分品でしたがいい買い物でした。QUICKDRAW CONTOURS(自動等深線作図機能)のベータ版も入れましたので、またUP出来ればと思います。今年は友人と釣行する際は100M近い場所にて42DVでも威力を発揮してくれるといいなぁ。

情報源: 魚探|NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加