このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーミンエコーマップの取り付け

バウはロランスが付いていた既存のマウントに

エレキへのトランスデューサー取り付けは角のないフラットタイラップで見た目も綺麗に

トランサムマウントのトランスデューサーはこんな感じですエコーマップSVに同梱されているGT52HW-TM振動子はこれひとつでダウン/サイドビューとCHIRP通常魚探に対応。今回はバウとコンソールにechoMAP CHIRP 75SVを2台でリンクさせています。デモ画面です

チャート リンクさせているので勿論前後でウェイポイントと航跡の共有が可能です。

CHIRPソナー

SideVu

DownVu

PANOPTIX前方探査

エコーマップもパンオプティクス対応なのでPS21等の振動子を取り付ければライヴビューが可能ですよ

PANOPTIX3D 下方PANOPTIX3D 前方3Dは琵琶湖ではあんまり必要無いかも、後はコンソールに取り付けで完成です。

情報源: GARMIN echoMAP CHIRP 75SV|琵琶湖 Jackpot バスボート 販売修理/魚探取付販売/カスタムボートパーツ

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加