このエントリーをはてなブックマークに追加

実証 GARMIN レーダーオーバーレイ活用法

NEWPECやQUICKDRAW CONTURSで作成した詳細海底地形図の上にレーダーエコーを重ねて表示する

レーダーオーバーレイ機能 今回はGARMIN レーダーオーバーレイの効果的な使い方を実証します。

 

■他船の位置情報を取得

GARMINレーダーを搭載すると、すべての船の動向は筒抜けになります

2016-06-04 10.09.23

 

海上で右舷側に浮いている船

これを海底地形図上にプロットしてみると

一目瞭然に、何メートルの駆け上がりに浮いているか簡単にわかります

04JUN16_1008_00

 

 

カーソルを船の上に持って行くと現在船のいる位置の水深もわかります

29MAY16_0830_00

更にこの他船をロックオンして追尾

その位置をウエイポイントとして記録することもできます

29MAY16_0817_00

 

 

あっという間に船団の配置図が完成します

29MAY16_0819_00

 

 

船団の位置 と地形から自分のボートポジションを簡単に割り出せます

スクリーンショット 2016-06-01 19.17.54

 

QUICKDRAW CONTURSとレーダーのオーバーレイ

自分がよく行くポイントに船がいるかどうか一目瞭然です

2016-05-29 16.52.39 

 

探査距離はレーダーマストの高さによりますが10NM以内は常に良好に受信できます

29MAY16_0711_00 29MAY16_0724_00    

 

SNSシェア-この記事を共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加